2019.10.30

こんにちは。名古屋支店です。

オーストラリアはこれから本格的な夏が始まります。日に日に暑さも増して来ていますよ。
名古屋からもオーストラリア挙式やハネムーンでお出掛けのお客様が多く控えられており
最終のお打合せが連日続いております。
最終日は、何度迎えても緊張する瞬間です。
ゴールドコーストは相変わらずの人気ですが、9月に成田からの直行便が就航した影響もあり
パースも益々人気沸騰中です!!
全てのお客様がスムーズにご出発できますように、私共も気を引き締めて対応させていただきます。

さて、先日はとても明るいご新郎S様と優しい笑顔が素敵なご新婦K様がご来店下さいました。
お2人の挙式準備に私共も楽しませて頂きながら携わることができ、とても嬉しいです。
先日は、挙式ご出発前に、バージンロードを歩く練習とベールアップの練習を行いました。
まず、バージンロードを歩く練習からです。
お2人で息を合わせて歩きます。
ご新婦様は特に、下を向いて歩いてしまうと裾を踏みやすくなってしまう為、
まっすぐ前を向き、少しお腹に力を入れながら美しく歩きます。
お2人での挙式の場合は、ご新郎様にご新婦様をエスコートしてバージンロードを歩いて頂きます。
バージンロードはご新婦様の人生を表しており、
ご新郎様と歩くバージンロードには『ご新郎様とこれからの未来を歩んでいく』といった意味があります。
ご新郎様は右手に『ご新婦様を守る剣』の象徴であるグローブを軽く握ります。
ご新婦様は悪魔に狙われやすいと言われておりますので、魔よけの色である白色のグローブを持ち、
「その剣を振って、これから一生ご新婦様を守っていこう」という意味を込めて
ご新婦様の右側を歩いて下さいね。



続いてベールアップの練習です。
ご新郎様がベールの内側に親指がくるようにしてベールの端を軽くつまみ、
ご新婦様の向こう側にベールを上げます。
その際に、ご新婦様は前かがみにならないように少し上体を低くします。
ベールがご新婦様の向こう側にいったら、ご新郎様はベールの端をきれいに整えて、
上体を低くしたご新婦様の肩に手を添えて優しく立たせてあげて下さいね。
ベールアップをする際には、
「ご両親様に代わり、これからはご新婦様を自分(ご新郎様)が守っていきます」といった決意の気持ちを込めて行って下さいね。

次回は、挙式前のご来店ですので、
記念にお2人と一緒にスタッフも鏡越しにお写真を撮らせて頂きました。


お2人の挙式のお写真を拝見させて頂くのがとても楽しみです。

名古屋支店でした。


アトリエのあるドレスショップ!!
オリジナルデザインドレス専門のAusty Winds
  

instagram
https://www.instagram.com/austywinds/
https://www.instagram.com/austy_australia/
ページの先頭へ